銀塩フィルムカメラ特集

HOME > 便利なソフトウェア > データ縮小ソフト

QUICK NA

  • デジカメプリント注文ソフト
  • 日付写し込みソフト
  • ちびすな

 自分でも出来る簡単なデジカメプリントお役立ち方法!


大きすぎるデータは縮小してしまおう!編

いまのデジカメは600、700は当たり前、1000万画素超デジカメも沢山あります。
1枚10メガバイトもある画像をネットで送信したら、高速回線でも時間がかかりますし、
プロバイダによっては容量の大きすぎるデータのアップロードに制限をかけているところもあります。
普通のサービスL判にプリントするには200万画素程度あれば十分なのは説明した通りです。
それならば縮小したデータを送信してしまおうと言うことで紹介するのがこのソフト。

チビすな!!

この類のデジカメ画像を縮小するフリーウェアは沢山あるのですが、EXIF情報を残したままに出来るのがお勧めな点です。
上記サイトからソフトをダウンロードします。
さっそく立ち上げると

デジタル画像はオリジナルデータを保存しておきましょう。
加工等する際はコピーした画像を使うことが無難です。
デジカメ画像縮小

はじめに画像ファイルが入っている
フォルダを選択します。
その次に出力先フォルダを選択。
縮小サイズを決定します。

縮小

サイズ設定
いろいろな設定方法があります。
今回は元画像に対する割合を指定するを使います。
元画像ファイルが3888×2592の1000万画素です。
タテ半分、横半分の25%になっても200万画素以上あります。
よって50%、50%に設定しました。
キリのいい数字で割ったほうがリサイズ後の画像もキレイです。
必ず元画像の縦横比ほ保持するにチェックを入れて下さい。
ここにチェックが入ってないとタテと横で
違う比率を設定して縮小することが出来るので、
縦や横に伸びたマジックミラーで見たような画像になる可能性があります。


縮小

縮小サイズの設定が決まったら、
JPEG画質(圧縮率)の設定をします。
数字が高いほど高画質です。
特にデフォルトの90%で問題がない。
ここで実行してもリサイズは出来ますが、
いろんなことが出来るので
オプション設定をしてみましょう。


縮小

オプション設定(全般)
Exif情報は残したままにするにチェックを入れて下さい。
チェックを入れてないと日付のデータ等が
狂う可能性があります。
狂った日付でデジカメプリント日付ありで注文すると
去年の旅行が今日に日付になってしまうなんてことも
おきますので、注意しましょう。
出力先フォルダもしっかり設定しておきましょう。
デスクトップやマイピクチャに新規フォルダを
作っておくのが良いと思います。


縮小

オプション設定(縮小方法)
エフェクトを設定することが出来ます。
縮小させる画像全て一括にエフェクトをかけれますので便利です。
画像をクッキリさせるで、シャープネス。
白黒やセピア調に変換やコントラスト調整も出来ます。
オリジナル画像に上書きしないようにして注意払えば
何度でも試すことが出来ますので自分の好みに応じて
使い分けるといいと思います。
プリントするとモニターより若干ネム目に見えることもありますので
ほんの少しシャープネスとコントラストを上げるのがいいかと。



デジカメ画像縮小

すべの設定が終わったら 「実行」 をクリック!
画像生成が開始されます。
データ容量と枚数によっては時間がかかりますので
ゆっくりとお待ち下さい。

縮小

デジカメ画像縮小

今回はPC内にあった大きめの画像をリサイズしてみました。
見事までにタテ横が1/2 
ファイルサイズは 1/10くらいになってます。
画像もモニターで見る分にはリサイズしたことを感じさせません。
シャープネスとコントラストを少し上げたことで
見栄えがよくなったくらいです。
リサイズした小さい画像でも私の使用モニターでは
100%表示できないくらい大きな画像です。

※今回は1/4の画像にしましたけど、ブログ等のWEB用やEメール添付用に使う場合、もっと小さい画像(640×480くらい)にする場面が多いです。
そのような用途にも向いてますので、一度お試し下さい。

  • サイトご利用にあたって
  • リンク集
  • 個人情報保護方針
  • 個人情報の取り扱いについて
ページの先頭に行く